短期間でダイエットしたい女性必見!ファスティング7日間で効果を出そう
スポンサーリンク
短期間ダイエットについて、「身体に悪い」だとか「だいたいリバウンドする」など、よく言われます。
そうは言っても、緊急にダイエットが必要になる場面って、結構ありますよね。
短期間で効果を出せる有力なダイエットのひとつに、ファスティングがあります。
海外セレブやモデル、トップアスリートなどが取り入れたことで話題になりました。
日本の芸能人や女優さんでも、ファスティングに取り組んでいる方は多いです。
もともと身体の毒素を取り除いてリセットする目的があるので、ダイエット効果だけでなく、美肌効果も高いです。
健康的なダイエット法といえます。
「ファスティングって何?」という方は、まずこちらの記事からどうぞ。
今回は、「短期間で体型をどうにかしたい!」という方に向けて、ファスティングの基本的な方法などをまとめました。
今まで色んなダイエットを試したけど、なかなか成功できない!という方も、参考にして頂ける内容です。

ファスティング(7日間)の方法

ファスティングには様々な方法があります。
今回は、ファスティング未経験で「これからファスティングを生活に取り入れていきたい!」と考えている方にオススメの方法をご紹介します。
プチ断食期間は、3日間です。
ただ、多くのファスティング効果は、3日目以降に現れ始めると言われています。
より効果を体感するには、5~7日間行うのがオススメです。
まずプチ断食3日間で様子を見て、大丈夫そうであれば、ぜひ断食期間の日数を増やしてみて下さい。
より多くの効果を、体感できると思います。
断食期間の前後に、「準備食期間(2日間)」と「回復食期間(2日間)」を設けます。
この準備食期間と回復食期間は、とっても大事です。
3日以上のファスティングには、必ず設けます。
ファスティングで内臓がビックリして、調子を崩してしまわないようにしましょう。
ファスティング準備として、約1週間前から生活をシフトしていくのがオススメ。
乱れた日常生活から、徐々に身体をファスティング体勢へ移します。
回復食期間は、日数をもう1~2日増やすと、リバウンドをより防げると思います。
注意
※ファスティングは自己責任になります。
決して無理はしないようにします。
持病がある方や体調がすぐれない方、気になることがある方は、ファスティング専門家や医師などに相談しましょう。
また、体力の少ない高齢者や、成長期である中学生以下の方のファスティングは、オススメできません。

準備食期間(2日間/準備は1週間前から)

プチ断食前、1週間くらいは準備期間として食生活を整えていきましょう。
まごわやさしい」の食材をメインに、バランス良く食事を取ります。
(豆)…納豆、黒豆、豆腐 など
(ごま)…ごま、ナッツ類、発芽させた種
(わかめ)…わかめ、ひじき、もずく、昆布 などの海藻類
(野菜)
(魚)
(しいたけ)…しいたけ、えのき、なめこ などキノコ類
(いも)…さつまいも、山芋、穀物 など 
他にも、発酵食品やお酢、味噌、梅干し、バナナなども◯。
ビタミンやミネラルを多く含むフルーツは積極的に食べましょう。
一方、以下のようなものは避けます。
  • カフェインを含む飲み物
  • 小麦(パン、パスタ、うどん、ラーメンなど)
  • 乳製品
  • 加工食品
  • 白砂糖や添加物の入ったスイーツ、ジュースなど 消化に悪いもの
など
必然的に、シンプルな食事になってくるはずです。
伝統的な日本食が見直されている現代で、「まごわやさしい」は昔ながらの日本食と関係が深いと言われています。
ファスティングに関わらず、いつでも意識したいですね
ポイント

マグネシウムが特に大切

ファスティングにおいて、マグネシウムを意識して摂ることが重要です。
不足すると代謝が落ち、脂肪燃焼やデトックス効果も低下してしまいます。
また、マグネシウム不足だと、プチ断食期間に様々な体調不良を引き起こしてしまう可能性もあります。

準備期間は、マグネシウムを意識した食事メニューにしましょう。
マグネシウムは、玄米、豆類、ナッツ類、梅干し、海藻類などに多く含まれています。

プチ断食中は、酵素ドリンクで栄養を補う方法が一般的ですが、マグネシウムが含まれている酵素ドリンクを選びましょう。
マグネシウムが含まれていない酵素ドリンクで3日以上ファスティングを行うのは、危険リスクがあるのでやめましょう。

プチ断食期間に入る2日前から準備食に切り替えます。
準備期間の中で、プチ断食前2日間(特に前日)の食事が最も重要です。
口にするものは、さらに制限をかけていきます。
肉や魚、卵や牛乳のような動物性タンパク質を避けましょう。
揚げ物やアルコールなども避けます。
身体に優しい野菜・果物中心の食事メニューにします。
この時期の食生活を守らないと、ファスティングの効果がしっかり得られないので気をつけましょう。

ファスティング期間(3日間)

水や白湯、酵素ドリンクのみで過ごします。
水分は、1日約1.5~2リットルをとるようにしましょう。
一度に沢山飲むのではなく、こまめに飲むようにします。
必要最低限のカロリーやミネラル、ビタミンなど、日常生活を過ごすのに必要な栄養は、酵素ドリンクから補います。
酵素ドリンクは水に薄めて飲みますが、このドリンクも「水分1日約1.5~2リットル」内に含めます。
酵素ドリンクは非常にたくさんの種類が出回っています。
ファスティング中の重要な栄養素となるので、質の良いものを選ぶようにしましょう。
ただ残念ながら「安かろう悪かろう」が、ある程度当てはまってしまう傾向があります。
例えば、原液を薄めることで価格が安くなるけれど、栄養素も薄くなってしまうケースなど。
成分や口コミなども参考に、ご自身の希望に合いそうなドリンクを試してみましょう。

ベルタ酵素ドリンク

「ベルタ酵素ドリンク」
なかなか決められない場合は、売れ筋商品で始めてみるのも良いでしょう。
「美味しくてキレイに痩せられる」と話題の商品です。

こちらの酵素ドリンクは値段が安すぎず高すぎず価格、味もスッキリ甘いピーチ味で飲みやすい♪
ダイエット効果が高く、ベルタ酵素ドリンクでファスティングされている芸能人も多くいらっしゃいます。

酵素の数は他社と比べても最多。
ヒアルロン酸やプラセンタ、コラーゲンやざくろなどの美容成分もたくさん入っています。

楽天サイトの美容ドリンク部門では1位を獲得、多くの女性誌でも取り上げられて話題となっています。(詳しくは上記商品ページ参照)

ポイントは、専属トレーナーが付いてくれること!
ファスティング方法や食事メニューなど何でもサポートしてくれるので、ファスティング初心者には有難いサービスですね♪

ファスティング中は、水分のみしか摂らないため、身体が冷えやすくなります。
寒く感じたら白湯にするなど、暖かくして過ごしましょう。
また、適度な運動を行うのがオススメです。
食事をしないので、全く運動をしないと筋肉量が落ちてしまいます。
筋肉は身体の代謝を良くするのに、とても重要。
ダイエット目的でファスティングをする人にも、運動はより効果的です。
激しい運動は体調を崩してしまうので、軽めの有酸素運動を選びます。
具体的には、ヨガやストレッチはリラックス効果もあるのでオススメ。
もう少し運動量のあるものであれば、ピラティスなども良いでしょう。
注意点
ファスティング中は水分のみで固形物をとらないので、脱水症状になりやすいです。
脱水症状を防ぐためにも、水分はしっかりとり、運動は軽めに留めましょう。
プチ断食期間は、3日間過ごして大丈夫そうであれば、2~4日ほど日数を増やすのも良いでしょう。
増やした場合は、3日間と同じ方法で過ごします。

回復食期間(2~4日間)

ファスティング明けは、薄味で消化が良いものを食べます。
少しずつ胃腸を元に戻していきましょう。
ただしダイエット目的の場合、うどんやお粥などは注意。
ファスティング直後、炭水化物はリバウンドを招く可能性があります。
うどんやお粥など消化は良いけれど、回復食1~2日目は控えた方が良いでしょう。
また、ファスティングでクリアになった体に、何を入れていくかが重要になります。
準備期間で取り入れた「まごわやさしい」食生活にしましょう。
(豆)…納豆、黒豆、豆腐 など
(ごま)…ごま、ナッツ類、発芽させた種
(わかめ)…わかめ、ひじき、もずく、昆布 などの海藻類
(野菜)
さ(魚)
(しいたけ)…しいたけ、えのき、なめこ などキノコ類
(いも)…さつまいも、山芋、穀物 など 
果物も良いですが、温かい飲み物と一緒に食べるなど、身体を冷やさないようにします。
魚など動物性のものは、回復食期間を終えてから、少しずつ取り入れていきます。
回復食期間は、避けます。
内臓に刺激があるものも避けましょう。
ポイント

よく噛んで食べる

お休みしてた胃腸に負担をかけないように、良く噛んで消化を助けるようにしましょう。
よく噛むことで、無駄な食欲を抑えることもできます。
腹八分目までにする
お腹いっぱいまで食べてしまうことも、胃腸に負担をかけてしまいます。
ファスティング後で食欲がそそられるため、沢山食べたくなってしまいますが、グッと堪えましょう。
休んでいた胃腸にいきなり負担をかけると、腹痛など体調を崩してしまう可能性もあるのです。
ここがファスティング期間の中で、一番の頑張りどころかもしれません。
回復食期間は3~4日以上とると良いと言われています。
もし続けられるようであれば、ファスティング前と同様、1週間くらいは回復期間として過ごすと、より効果的です。
回復食期間を長めにとると、リバウンドを防ぐメリットにもなります。
ゆっくり徐々に普段食へ戻して、無理なくファスティング効果を高めましょう。
スポンサーリンク

緊急でスリムに見せたい予定のある人へ

ファスティングは短期間でダイエット効果を出すことが出来ますが、毎月やることでダイエット効果はより大きくなってきます。
一方、「すぐにでも、どうにかスリムに見せたい!」という差し迫った予定がある人もいると思います。
ダイエットに緊急性のある方は、着圧インナーを試す方法があります。
着圧インナーは、サッと着るだけで身体を痩せてみせられる商品です。
着ているだけで本当にダイエットできたり、骨盤や姿勢が矯正できたりもします。
ただ、商品によっては圧迫されて苦しく感じたり、全く効果を感じられなかったりもするので、口コミなどで評判を確認して試すことをオススメします。

一例として、こちらはAmazonベストセラー商品で、口コミ評価も高いです。
値段もお手頃価格なので、迷ったら試してみる価値はありますね♪
下半身が気になるのであれば、着圧レギンス

こちらはAmazon着圧スパッツ・レギンスカテゴリ内ベストセラー商品、大手美容口コミサイト@cosmeでも第1位獲得商品です。
上記以外でも、着圧商品はたくさん出回っているので、評判を参考にしながら、色々と試してみると良いかも!

短期間ダイエットは健康的に!内からキレイになろう

芸能人などで「ファスティングで5kg落とした」という方も良く見かけます。
ファスティングの方法や時期をうまく計画立てれば、結果が出せるでしょう。
女性であれば、毎月生理後の1週間は痩せやすい時期なのでオススメです。
ファスティングはリバウンドに気をつけて。
断食中より回復食期間の方が、食べ物の誘惑もあり、失敗しやすいタイミングかもしれません。
ファスティング後の過ごし方によっては、ファスティング期間中のダイエット効果を更新し続けられる可能性が、多いにあります。
ファスティング後の食生活に気をつけ、有酸素運動をしっかり取り入れて、ファスティング効果をキープしましょう。
スポンサーリンク
おすすめの記事